トップ > セミナー

アーカイブ 月別とカテゴリー

アイテム

  • 00000019.jpg
  • river3.jpg
  • globalmihon.jpg
  • P5191830.jpg
  • P5191826.jpg
  • P4221576.jpg
  • P4221575.jpg
  • zensyoside.jpg
  • AKAISHI_Kazunori.jpg
  • glo_banner_2014_MRI.jpg
  • glo_banner_2014_260×91.jpg
  • P8090429.jpg
  • P8090424.jpg
  • P8090413.jpg
  • P8090410.jpg
  • P8090401.jpg
  • P8090398.jpg
  • P8090392.jpg
  • P8090387.jpg
  • P8090357.jpg

< カテゴリー >   セミナーの 最近のブログ記事

sn_001[1].jpg

出張用に使う文書はこちらからダウンロードできます。 9月6日第4回グローバル教育の集い案内文書(PDF)

教育界と企業側が求める資質を明らかにし、日本の未来を切り拓くグローバル人材育成の本質に迫るセミナーが開催されます。全国国際教育協会はこのセミナーを後援いたします。

第4回グローバル教育の集い 「日本の未来を切り拓くグローバル人材育成の本質に迫る」

1.日時:平成26(2014)年9月6日(土)13:00~17:30

2.会場:拓殖大学文京キャンパス 国際教育会館3階 (東京メトロ丸の内線茗荷谷 駅下車徒歩5分)

3.共催:グローバル教育フォーラム  http://www.kokusaiken.org/geduforum      拓殖大学国際開発教育センター

4.協賛協力:株式会社メディア総合研究所

5.後援(申請中を含む):   外務省、文科省、JICA、JICE、全国国際教育研究協議会、全国国際教育協会

6.開催主旨

 教育界におけるグローバル教育は、「グローバル人材育成事業」や「SGH」、 小中高での積極的な取り組みによって促進されています。また、日本におけるグローバル人材の育成は教育界にとどまらず、企業においても大きなうねりとなってきました。しかし、教育界と企業の狭間で、疲弊していく若者も多いのが現状です。  本セミナーでは、教育現場と企業の現場で日々グローバル人材の育成を実践する者同士が同じ時間を共有することでグローバル人材育成の方向を探ると同時に、国際社会、とりわけ開発途上国で活躍する日本のグローバル人たちの実績や今後の期待についても皆さまと共に考えていきます。

7.時程:

 13:00 開会 (受付12:30~)
      開会宣言、来賓あいさつ
   13:10 パネルディスカッション

「グローバル教育、育成と活躍フィールド、教育現場と社会ニーズのすり合わせ」

パネリスト①:多田孝志 (日本国際理解教育学会顧問、日本学校教育学会前会長、目白大学人間学部長)

パネリスト②:松岡和久 (株式会社フォーバル参与、財団法人日本国際協力センター前理事長)

パネリスト③:斉藤実 (株式会社ネクストエデュケーションシンク代表取締役社長)

コーディネーター:赤石和則(拓殖大学国際開発教育センター長、国際学部教授)

14:40 休憩

14:50 分科会

第1分科会:ワークショップ「グローバル時代の対話力」
ファシリテーター:福田訓久
第2分科会:ワークショップ「グローバル時代のキー・コンピテンシー」
ファシリテーター:斉藤宏
16:20 休憩

16:25 全体会

     意見交換とふりかえり

17:30 閉会

8.参加費: 1,000円(資料代)

9. 申し込み

下記宛に、平成26年8月24日(日)までにFAXまたはE-mailにてお申し込みください。

グローバル教育フォーラム事務局(福田) 〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷4-14-4-4階 株式会社メディア総合研究所 内 TEL:03-5414-6210 / FAX:03-5414-6510 E-mail fukuda@mediasoken.jp <br> グローバル教育フォーラムURL http://www.kokusaiken.org/geduforum 

グローバル教育フォーラム フェースブック

 

特別講演「21世紀の教育の考え方と実践方法」

5月27日、総会前の多田孝志教授による、特別講演「21世紀の教育の考え方と実践方法」には、国際協の会員以外でも、さまざまな立場の方々が、ぜひ聴きたいと集まりました。1時間の短い中に、混迷する21世紀の社会の課題にグローバル時代の学校教育はどう変革されるべきか、変容をもたらすグローバル時代の対話力について話していただきました。

 

講演のなかで、まず先生からとなりのかたと、最近の高校生の問題点について話してみてくださいと言われました。このような発問が講演の間に何度か繰り返されました。このアクティビティは緊張を解くと同時に、その時の論点を深く考えるきっかけを与えるとともに、受動的な聴講者でなく、能動的な聴取者になっていくきっかけにもなり、相互の対話を促進することに気づきました。

特定非営利活動法人全国国際教育協会

第5回総会」(平成26年度)および特別講演会のご案内

特定非営利活動法人「全国国際教育協会」に対しましては、平素からご支援を賜り厚くお礼申し上げます。本協会では、下記の通り、「第5回総会」(平成26年度)を「全商会館」にて開催致しますのでご案内申し上げます。

 なお、総会開始前に、「対話論」で有名な目白大学教授人間学部長、日本学校教育学会会長の「多田孝志」先生の「グローバル教育」に関連した特別講演を行います、こちらは、どなたでも参加できるようにいたしましたので、合わせてご参加ください。(無料)参加の方はメールにてご連絡ください。
※ 講演参加連絡先 斉藤まで( saito@kokusaiken.org )

総会前特別講演 (14:00から15:00)

演題 「21世紀の教育の考え方と実践方法」

今回の講演のキーワード
Ⅰ 教育の大変革期
・ グローバリゼーションの進行と社会の課題
・ 新たな教育の潮流
・ グローバル時代の学校教育
・ 学習観の転換
・ 21世紀の人間形成に望まれる資質・能力

Ⅱ グローバル時代の対話力
・ どんな対話力が必要なのか
・ 対話力を高めるために

多田孝志先生 略歴

経歴 東京学芸大学卒業、上越教育大学大学院修了。
現・目白大学人間学部長・児童教育学科長
現在の主たる研究領域・テーマ 「国際理解教育論」「学習論」「対話論」を研究領域としている。
国際理解教育論では、持続可能な開発のための教育等最近の動向、
対話論ではグローバルスタンダードな対話、ことに共創型対話に関する理論的・実践的研究。

主な著書・論文
•『学校における国際理解教育』 (1998年 東洋館出版)
•『地球時代の教育とは』 (2000年 岩波書店)
•『学習スキルの考え方と授業づくり』 (2002年 教育出版)
•『地球時代の言語表現 ―聴く・話す・対話する力を高める―』
(2003年 東洋館出版)
•『対話力を育てる』 (2006年 教育出版)
•『共に創る対話力』 (2009年 教育出版)

総会案内

                     記
1、会議の名称

第5回 
特定非営利活動法人
全国国際教育協会 総会

2、日 時   平成26年5月27日(火)15時30分~16時30分 特別講演は(14:00から15:00)
3、会 場  「全商会館」4階会議室
         住所 東京都新宿区大京町26
         電話 03-3354-7911
4、開会式
1)開式のことば
 2)理事長挨拶
 3)来賓祝辞
 4)来賓紹介
 5)閉式のことば
5、協 議
 (1)開会のことば
 (2)議長選出
 (3)議事
   ① 平成25年度 事業及び会計決算報告、 監査報告
   ② 平成26年度事業計画及び予算
(4)閉会のことば

※総会参加者は 5月18日までに理事長(矢田部正照)宛て
あらかじめ送付された葉書にて、ご回報ください。
そのほか連絡、質問などはメールにて 矢田部理事長宛てにご連絡ください。
( yatabe@kokusaiken.org )

総会案内ファイル ダウンロード

3月15日(土)仙台国際センター1階研修室において、第3回グローバル教育を考える集い in 仙台が実施されました。

全国国際教育協会(JAGE)は、グローバル教育フォーラムと同じグローバル教育、グローバル人材育成の目的を持ち、相互に補完しあう連携組織です。JAGEの赤石和則(拓殖大学教授)、斉藤宏(拓殖大学客員研究員)はグローバル教育フォーラムの共同代表として活動しています。図にありますように、グローバル教育の学術的な研究、議論の場と、拓殖大学で10年間、400名のファシリテーターを送り出した実績と歴史を持つファシリテーション研究と研修コースは、JAGEの市民と学校現場を結びつける実践活動を理論的に裏付ける意味を持つのです。

そのような理由と、JAGEの全国展開のための地区委員会拡大の方向性として、「北海道地区委員会」に続き「東北地区委員会」の創設に向けたオルグ活動として、矢田部正照理事長も参加しました。

 開会の宣言と本日のセミナーの説明のあとに、まずは、手を上げてもらって参加者のアンケートをしてみました。大まかな地域を聞くと宮城県の他に、東京、岩手、福島、山形と東北の他の県からも集まっていました。どんな人たちか聞いてみると、大学生、大学院生、小、中、高、大学の現役先生とOB、と母親など一般市民、国際協力団体職員、NPO関係など、期待していた多様な人たちが集まってくれたのがわかりました。グローバル教育にとって、この多様性こそが、おもしろい課題解決のアイディアが生まれるもとになることが多いのです。

     午前中のシンポジウムでは、共同代表の赤石和則さん(拓殖大学)と、東北支部長の石森広美さん(仙台東高校)から発題を受けました。

世界が抱える様々な問題を、自分たちの問題として考え、その解決のために自ら行動に移すことのできる人は、グローバル化が進む昨今、社会でますます必要とされています。そこで、様々な地域で、多様な人々に対して実践した活動レポートや、世界の現実をリアルに訴える写真を募集します。

「英語コミュニケーションの為の聴覚チューニング」講習会 報告 

(一般財団法人桜町会協賛 )          

 

「教師研究協議会」は、高周波音教材を使った英語回路学習を取り上げ、生徒と保護者対象と教師・一般と対象を分けてプログラムを組み開催した。

生徒に対して、英語コミュニケーションの為の脳と心と身体を作る手法を、授業実践を体験して学んだ。

主催 グローバル教育フォーラム/拓殖大学国際開発教育センター

協賛協力 株式会社メディア総合研究所
後援 外務省、独立行政法人国際協力機構(JICA)、財団法人日本国際協力センター(JICE)、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)、財団法人国際協力推進協会(APIC)、NPO法人全国国際教育協会

« ニュース | メインページ | アーカイブ | イベント »